読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにかをどこかにおいてきた

なのでここにはなにもない

「自業自得の雨が降る」

冷たくて 冷たくて ざまあみろ

 

 

おともだちが倉橋ヨエコの話をしていたのでわ~~久々に聞こう~~~って思ってyoutubeうろうろしてて出会ったやつ。動画埋め込みってあんまりすきじゃなかったりするんですが良い曲なので聞いてください。

 

www.youtube.com

 埋め込んだ動画再生しながら記事書けるのはめっちゃいいですね埋め込み。

倉橋ヨエコ、数年前に友達(さっきとは別人)経由でしった人で、そのときは『』『損と嘘』「沈める街』あと定番の『卵とじ』あたりにドハマってました。最近は『涙で雪は穴だらけ』『薬箱』そしてこの『ジュエリー』がツボです。リンク貼りすぎマンかよ。でもどれも良い曲だから聞いてくれ。

音楽は基本的にリズムの好みで選ぶ傾向があって歌詞を味わうのはその後なことが多いんですが、あんまりポジティブな歌詞を直視する(自分と比較する、というか 自分のこととして見る、というか そんなかんじです。直視。)と、太陽の光を浴びるヴァンパイアが如く魂まで焼かれて死んでしまうのでまあネガティブ寄りの歌詞なほうが安心します。その意味で倉橋ヨエコはとても安心できるひとです。『涙で雪は穴だらけ』がめちゃくちゃヒットしています。出だしが「溶けてしまえ 溶けてしまえ 雪も 役立たずの私も」ですからね。ついったーでもちょっと喋ったのですが「泣いたって泣いたって輝く街よ」「涙で雪は穴だらけ」「いいな いいな 雪は溶けられるもん いいな いいな 春は遠い」あたりもすごく好きで。自分ひとりがいくら感情を揺らしたところで街は変わらず動き続けるある種の疎外感や無力感だとか、自分が落とした涙で溶ける雪にいいな、自分も溶けてしまいたい、溶けてしまえと思うところとか、すごくぐっとくるじゃないですか。「春は遠い」の一文もかなりミソ。好き勝手な解釈ですが、春が来れば雪は溶けるけど私が溶けてしまえる春はこない。私の春は遠い。という「溶けたい(消えたい)気持ちの強さと、実際に溶けることなんてできやしないやるせなさ」みたいなものが詰まっていると思います。あと今私の春は遠いって書いてて思ったんですが、人生の春とか言うじゃないですか。上向きでいろんなことが上手くいく時期、みたいなそんなかんじのあれ。その意味でも「春は遠い」のかなって。なにやってもダメなので。春は遠いので。

 

いちばんでっかくジュエリーを動画埋め込んでおきながら涙で雪は穴だらけの話ばかりしてしまいましたがとにかくどれも粒ぞろいだと思いますのでぜひきいてください。

 

ポジティブな歌詞を直視すると死ぬって言ったんですがイメソン的に聴いて自分のこととしては考えなかったり、あるいはほぼほぼメロディだけ追って楽しむ(それでいいのか)ならわりと大丈夫な感じもあるんですよね。ふしぎ。イメソンといえば上にあげた『薬箱』は「罪木蜜柑 イメソン」でググったときに見つけたやつだったりもします。やっぱり『Lamb.』が歌詞的にもMMD動画的にもつよい僕の中でつよいそんな感じはあるのですがなんか他にもないかな~って探してたら書いてあって倉橋ヨエコじゃ~~~~んってなってソッコーで聞きましたすごくよかった。なんか急激に語彙力落ちてきた。

 

ジュエリーの歌詞をイメソン的に見ると、あっここからラブライブ!の話なんですけど、個人的にはうみ→ほのかなーと感じました。園田海未さんを後ろ向きにネガティブにさせるとめちゃくちゃかわいいと思います。性癖です。死ねない園田海未botとかすごくすきだったんですけど(bioもすごくすてき)たしか知ったときにはもう更新止まってたのでぶじに死ねたのかなあと気になっています。しあわせに生きてほしいけどつらいなら死んでほしい、という祈りをよく抱くので死にたい人がちゃんと死ねたかどうかを意味もなく憂いてしまいます。形はどうあれしあわせになって。

ジュエリーのどのへんがうみほの?って言われると難しいんですが「鳴らせない口笛よ もう冬がくるのですね」を特に園田さんに言ってほしいきがしません? ちなみに穂乃果死別世界線を想定しています(「明日や来年は当たり前なんかじゃない」に引っ張られています)が、うまいこと他の解釈もできたら楽しそう。募集中です。

ラブライブ!において雨の要素はだいじなので「自業自得の雨」というワードが輝きそうです。だって園田海未さんにはつらい表情をしながら雨に濡れてほしい、みたいなところあるじゃないですか。南ことりさんもそう言っています。嘘じゃないですスクフェス19章4話です。自業自得の雨ってことばが好きすぎるだけなんですけど園田海未さんに「――自業自得の、雨が降る。」ってモノローグしてほしいです。そして高坂穂乃果はもういないので。雨を晴らせてくれた太陽みたいなあの子はもういないので。「自業自得の雨上がり」さえ「虚しくて虚しくてざまあみろ」。そんなかんじでうみ→ほのです。「あなたと過ごしたくだらない日々を」に着目するとにこまきあたりもおいしそうだ…。

 

でもラブライブ!のイメソンだとぼくずっとすきなやつがあって暇と技術さえあればMAD作りたいぐらいに思ってさえいるのですが『瞬間スプライン』です。イメソンです。アニメ全体通した感じだけど主に1期かな。

歌詞だいたい当てはまるのでは?!?って思い始めてるからあれなんですがたとえばAメロでだしの「当たり前の場所当たり前の日々は価値観次第でその色を変える」からすでに1期1話で廃校が知らされた穂乃果の感じが出ていますし「標識を目指しこの道を飛ばせば 夢が刻まれた壁に当たるかな」なんかは11話12話ノーブラあたりにぴったりだし(「壁」のワードも高得点ですね)、サビの「彼方へと繋いだ手が離れずに祈る気持ちは いつか誰かに伝わって 目に見えぬ大事な物なくさずに越えて行ける 悠久へ続く願いに変わる スピードを上げて弧を描いた」もまるっと当てはまるでしょ…ぐらい傲慢に強気に推してるイメソンです。第六感が告げているのでどこがまるっと当てはまるんだって訊かれるとやっぱり難しいんですがわかってほしい。彼方へと繋いだ手が離れずに祈る気持ちは いつか誰かに伝わって」は「僅かな声は想いへと繋がり 誰かに伝わって尊い力となる」ともつながると思うのですが、最初は穂乃果が思いつきのように言い出した「僅かな声」で、それでも学校を存続させたい祈りは確かにあって、それがことりと海未へ繋がって、ファーストライブを経てやりたい「想い」に変わって、まきりんぱなへ、にこへ、絵里へ希へつながっていって。「そして何かがはじけた瞬間に」「渦を巻くように時空を超えて動き出す」物語、ラブライブ!。「目に見えぬ大事な物なくさずに超えて行ける」は2期や劇場版の雰囲気もありますね。「悠久へ続く願いに変わる」に至っては劇場版でラブライブやスクールアイドルがこれからも続いていくことを願い、それが成されたことそのものじゃないですか。瞬間スプラインです。よろしくおねがいします。曲の爽やかに駆け抜けるかんじもすごく合うと思うんですよ。だれかMADつくらないかなほんとうに…超俺得だよ…。

 

あつくなりすぎたのでおしまいにします。倉橋ヨエコは良いですしイメソンは楽しいです。

 

きぶんさいていだった前回記事からいくらか回復して「何にもなりたくない」よりはましになったこと&とある動画をみたことから「やっぱり美少女になりたい」な記事を予定していましたがながくなるので次回にします。内容は急遽変更となる場合もありますが美少女にはなりたいです。はあ~~~~~~~~~~~~~~~~~美少女。