読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにかをどこかにおいてきた

なのでここにはなにもない

人は一人では生きていけない

ということに僅かな希望もあれど絶望の気持ちのほうがはるかに強いのでにっちもさっちもいかなくなる

 誰かと関わり合うことに関して何かと意識しすぎる時点で「普通じゃない」というか「生きづらい」のだろうなとは思うし、自分ひとりでモガモガする暇もないくらい誰かを巻き込んで巻き込まれて生きてくほうがたぶんずっと楽しいのだろうなあと思わなくもないのだけど。

 

形の違うピースで埋め合って満たされた気分になるという意味ではきっとセックスもそうなのだなと想像する(童貞なので想像しかできない)(本日の笑いどころ)けれど、何にしてもそうやって誰かといることでしか寂しさを紛らわせないのがなんだかとてもつらくてしんどいように思う。一緒にいると楽しかったり幸せだったりするけど、離れていくと温度はぐんぐん下がってしまうから。温められるとほっとするし暖かいのはしあわせだけれど、そのたびに冷えていく孤独と過ごすなら、ずっと冷え切ったままでいたほうがむしろ楽なんじゃないかって。愛ゆえに人は苦しまねばならぬのなら愛などいらぬのではないかって。ずっと覚えたい温もりも忘れてしまう弱い自分がいる。

 

恋愛の話を兼ねた人付き合いの話のつもりだったけれど、というかそんな感じで書いててようやく気づいたのだけれど、もしかして僕はちょっと深い人付き合いのたびに失恋したような気持ちになっている…?どんだけナイーブ

 

満たされたいなあって思うけど何をしたら何をされたら満たされるんだろう。ていうか満たされるってなんだろう。お盆に幸福が注がれるようなイメージを持っていたけれど僕のそれはお盆じゃなくてスカスカのスポンジなんじゃないかな。ちょっとは吸って膨らむけれど気付いたら流れ落ちてもとに戻ってしまう。あるいはお盆だったとしてもすぐに乾いて渇いて飢えに餓える。太れないまま幸せを拾い食いするよりもお盆のほうをどうにかしたほうがいいのかもしれない。でもこのお盆たぶん自己肯定感とか自尊心とかそっちにつながるやつ。人生はままならない。美少女になりたい。

 

 

この世に中指立てる勇気もよく生きようとする気概もないのダメダメすぎるから変わらなきゃ行動しなきゃって思いはするんだけど何をどうしたら抱え込まずに生きれるんだろうね~~って思うのでその意味でも「誰か」が必要で、一人では生きていけなくて、絶望するね、っていう話がしたかった。気がする。言いたいことはもっともっとあるようにも思うけれど伝えたいことってあんまりないや。じんせいがねむたい。なにもしたくない。たのしいことがしたい。おしまい。